1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. 学校長あいさつ

学校紹介

学校長あいさつ

内村校長

 皆さんそれぞれが自分のたからを持っています。 でもそれを探すのはそう簡単なことではありません。 だからこの学校での3年間を通し、そのたからを探す力を身につけていきます。 毎日の礼拝で語られる話を通し、あるいは自分を見つめる毎日の礼拝で見つめる祈りを通し、また授業やクラブ活動、ボランティア活動や諸行事などを通し、そして友だちや先生たちとの交流を通じて、その力を身につけていくのです。 そのための手がかりになる言葉があります。 それが初代の院長エカード先生が残した「感恩奉仕」と言う言葉です。 「生かされていることに感謝し、神さまと人に役に立つ人間になる」と言う意味です。
 人のために心をくだき、役に立つ方法はさまざまです。 そして自分なりのその方法を見つけたとき、自分のたからを輝かせて生きる人生を歩むことができるのです。
 みなさんが将来、そうした輝く人生を歩いて行ってほしい。 これは創立以来この学校が願ってきたことです。 自分のたからを探す旅は、この学院から始まります。

ルーテル学院中学・高等学校 校長 内村 公春