1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. ルーテル学院中学校
  3. 入試・入学情報
  4. 入試情報

入試・入学情報

入試情報

募集要項ダウンロード(2019年度)

2019年度入試概要

[募集人員] 約80名(男女)

[出願資格] 2019(平成31)年 3月小学校卒業見込みの男女

[入学試験]
 ① 専願入試 試験科目等:国語 算数 面接(本人のみ)
 ② 奨学前期入試 試験科目等:国語 算数 理科 社会 面接(本人のみ)
  (専願奨学または併願奨学のいずれかを希望すること)
 ③ 一般前期入試 試験科目等:国語 算数 面接(本人のみ)
 ④ 奨学後期入試 試験科目等:国語 算数 理科 社会 面接(本人のみ)
  (併願奨学のみ)
 ⑤ 一般後期入試 試験科目等:国語 算数 面接(本人のみ)
   ただし、専願入試または専願奨学入試に合格した者は必ず入学しなければいけません

[出願手続]
 1. 入学願書
 2. 受 験 料 10,000 円
(郵送の場合は普通為替を使用し、「受取人欄」を空欄のまま提出してください)
「平成28年熊本地震」で被災し、半壊以上の罹災証明書又は長期避難世帯証明書の交付を受けている場合、罹災証明書又は長期避難世帯証明書の写しの提出により受験料を免除します。
※ 特技がある場合は、「活動報告書」を提出してください

出願期間・入試期日・試験(内容)・合格発表・登校日

専願入試 /
奨学前期入試

一般入前期試 /
奨学後期入試

一般後期入試

出願期間 2018(平成30)年
12月6日(木)~12月13日(木)
2018(平成30)年12月19日(水) ~ 2019(平成31)年1月10日(木)
ただし、
12月29日(土)~1月3日(木)
を除く
2019(平成31)年
1月17日(木)~1月30日(水)
土日を除く午前9時から午後4時まで(郵送の場合は、締切日必着のこと)
出願手続き
  1. 入学願書
  2. 受験料10,000円
    (郵送の場合は、普通為替を使用し、「受取人を欄」空欄のまま提出してください)
    「平成28年熊本地震」で被災し、半壊以上の罹災証明書又は長期避難世帯証明書の交付を受けている場合、罹災証明書又は長期避難世帯証明書の写しを提出により受験料を免除します。
    (特技がある場合は、「活動報告書」を提出すること)
入試期日 2018(平成30)年
12月15日(土)
20198(平成31)年
1月12日(土)
2019(平成31)年
2月2日(土)
集合 8:45 集合 8:45 集合 8:45
国語 9:00~9:45 国語 9:00~9:45 国語 9:00~9:45
算数 10:00~10:45 算数 10:00~10:45 算数 10:00~10:45
理科
(奨学前期のみ)
11:00~11:30 理科
(奨学後期のみ)
11:00~11:30 面接(本人のみ) 11:00より
社会
(奨学前期のみ)
11:45~12:15 社会
(奨学後期のみ)
11:45~12:15
(昼食) (昼食)
面接(本人のみ) 面接(本人のみ)
専願入試 11:00より 一般前期入試 11:00より
奨学前期入試 13:15より 奨学後期入試 13:15より
合格発表 2018(平成30)年
12月18日(火)
2019(平成31)年
1月16日(水)
2019(平成31)年
2月5日(火)
(1) 本人(保護者)宛に合格通知書を郵送します。(学内の掲示はありません。)
(2) 電話による合否への問い合わせには答えません。
新入生登校日 2019(平成31)年2月23日(土) 受付 13:30~ 開始14:00~
入学予定者とその保護者は必ず出席してください。
(入学予定者が出席できない場合は保護者のみでも構いません)
備考 面接は面接官2 名に対し、受験者1名の個人面接で、それぞれ5 分程度行ないます。
[選考方法]
学力試験・面接の結果の内容を総合的に審査して決定します。

[注意・連絡事項]
  1. 試験当日は、受験票・筆記具を必ず持参してください。上靴は不要です。
    なお、奨学前期入試(専願奨学・併願奨学)、奨学後期入試(併願奨学)の受験者は、昼食を用意してきてください。
  2. 試験当日、校内へ車を乗り入れられる場合は、係員の誘導に従ってください。
  3. 受験する児童の保護者の皆さまは、アンケート調査および学校側からの説明がありますので、試験当日の午前9時までにおいでください。
  4. 専願入試及び奨学前期入試、一般前期入試及び奨学後期入試cの不合格者で、一般前期入試・奨学後期入試または一般後期入試を再受験する場合は、改めて出願手続きが必要です。ただし、「活動報告書」の再提出は必要ありません。
  5. 専願入試及び専願奨学入試の受験者は、合格したら必ず入学しなければいけません。