1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. ルーテル学院高等学校
  3. 芸術コースのご案内
  4. Webギャラリー

芸術コース

美術専攻卒業生の活躍

園田 美宙さん
園田 美宙さん

武蔵野美術大学
造形学部 デザイン情報学科1年

2018年に本校芸術コース / 美術専攻を卒業

先生方の適切な指導
浪人時代の作品浪人時代の作品
入学当初は授業についていけるか不安でしたが、先生方の 適切な指導のお陰で美術の基礎や感覚を身につけることが 出来ました。
在学中の思い出

刺激しあえる 仲間達

3年間の高校生活では、同じ目標を持った友人達と放課後遅くまで制作に取り組んだことや、 展示会に行った事が思い出です。時には互いの作品を見て講評し合い、刺激を受ける事が 出来ました。
高校生活と浪人生活で学んだ事

2つの大切なこと

高校生活と1年間の浪人生活を通して大切だと思った事が 2つあります。 1つ目は、作品の講評が終わった後は直ぐにスケッチし直すことです。 2つ目は、自分が好きな画家の作品やデザインを沢山集めてファイリングする事です。 集めておくことで自分の制作に生かす事が出来ます。
宮本 翼さん
宮本 翼さん

株式会社スノーピーク勤務

2011年に本校芸術コース/美術専攻を卒業
ブレーメン芸術大学位総合デザイン学科卒業

作品を日本全国の人々へ
学校内でのプレ ゼンテーション学校内でのプレ ゼンテーション
卒業後、ドイツで学んだ自然と共存する生活スタイルを日本でも当たり前にしたいという強い気持ちからスノー ピーク株式会社の企画開発部に入りました。 ドイツでは当たり前のように川や山に行ってコーヒーを作ったり しながらゆっくりする日々を送っていました。そんな 素敵な時間を当たり前にできるような企画開発をする ため入社しました。 これからはみなさんの素敵な時間を作り出せるような商品を生み出せるよう頑張りたいです。
高校時代

可能性を広げるための 基礎を身につけた

"絵やデザインに興味がある"という理由で芸術コースに行くことを選択しました。 コース内ではいろんな感性を持った仲間と出会い良い刺激をたくさんもらい、また ヨーロッパ研修では自分の視野を大きく広げることができました。 プロダクトデザイナーになるということも先生方と話して決め、それを叶えるべく3年間で基礎をしっかり勉強することができました。 高校で学んだことはこれからも間違いなく自分の財産です。 本当に先生方には感謝でいっぱいです。
大学時代

自分を試す

大学ではひたすらプロジェクトに没頭しました。何度も何度 挑戦、失敗を繰り返しながら自分のデザインプロセスを作りました。 一年に数回ある展示会では、プレゼンテーションを 繰り返し行なってたくさんの方からフィードバックをもらって自分が気づかなかったことを一つ一つ見直し、自分に何が足りていないのか見直す日々を送っていました。 大学の課外授業で訪れた、家具メッセでは、自分と同じ世代のデザイナー達が 自分のデザインを持ち込んで家具メーカーと仕事をしている 風景をみてとても刺激を受けました。 留学して何よりアクティブに自分から動くことの大切さを実感しました。