1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. ルーテル学院高等学校
  3. カリキュラム
  4. 国際性の育成

カリキュラム

国際性の育成

教育目標の一つである「国際性」を伸ばすために、多くの海外研修や留学を実施しています。

留学研修制度

ネイティブに触れる学習環境

世界という舞台で、異文化の中で、相手の話を聞き、自分の考えで説明し、コミュニケーションが出来る人材の教育をめざし、外国人教師とのティームティーチング・ディベート合宿などに積極的に取り組んでいます。

実践力の強化

発表・実践の場は多数あり、リスニング力とスピーキング力が身についていくことを実感できます。独自のカリキュラムにより「研修内容の充実」「安心して落ち着いて学ぶことができる環境」が確保されています。

幅広い教養

国際化の時代にコミュニケーションに必要なのは言葉だけではありません。 自国文化への理解をベースとしたディベートの実践とリーダーとして活躍する要件を学び、国際人に求められる幅広い教養を身につけます。

  • 龍詠陶さん

    留学を通して学んだ大切なこと

    オーストラリアからの留学生
    龍詠陶 さん

    私は、姉妹校のオーストラリアにあるインマヌエルカレッジから約1年間留学しています。 オーストラリアとは大きく異なる日本の高校生活を送りながら、日本語や日本文化を勉強しています。 この貴重な経験を将来に役立てたいと思い、日々頑張っています。

留学・海外研修制度

ルーテル学院にはオーストラリア研修旅行、アメリカ研修旅行、韓国研修旅行、ヨーロッパ研修旅行などの様々な海外研修旅行や留学制度があります。 帰国後の国際理解や語学学習への動機付けとしても、非常に有意義なプログラムになっています。

◎ ヨーロッパ研修 毎年3月実施 芸術コース
◎ 韓国研修 希望者対象
◎ オーストラリア研修 1・2年対象
◎ 姉妹校・友好関係校への留学 オーストラリアへは1名アメリカへは2名毎年実施

※一部、留学研修は中学教育でも行います

  • 宮本 紋吏さん

    言葉と文化を交えたコミュニケーション

    オーストラリアへ留学した
    宮本 紋吏 さん

    私は、姉妹校であるオーストラリアにあるインマヌエルカレッジに約1年間留学しました。 留学中は、校外での授業やオーストラリアのスポーツを体験し、ホストファミリーと楽しい生活を送りました。 この留学制度は、ルーテル学院高校の魅力の1つです。 この経験を生かし、グローバルな人材を育成する一員になりたいと考えています。

ヨーロッパ研修旅行(芸術コース)日程

※前回の例です

日程 研修先
1日目 移動
2日目
ウィーン市内研修
★音楽・芸術共通
◇シェーンブルン宮殿(宮殿内部及び庭園)【世界遺産】
◇ウィーン市立公園(J.シュトラウス像、シューベルト像など)
◇ベートーヴェン広場(世界で最も知られたベートーヴェン像)

★音楽コース
◇楽友協会大ホール
◇モーツァルト博物館(旧フィガロハウス)
◇シュテファン寺院
◇ドブリンガー(楽譜屋)

★美術コース
◇オーストリアギャラリー(19・20世紀美術館)
クリムト、ココシュカ、エゴンシーレなどの世紀末絵画を中心に鑑賞
◇クンストハウス・ウィーン(フンデルトヴァッサー博物館)
フンデルトヴァッサー設計の博物館で特徴ある彼の作品が常設されている
シェーンブルン宮殿
楽友協会大ホール
クンストハウス・ウィーン
3日目
ウィーン市内研修
★音楽コース
◇ウィーンの森(ハイリゲンシュタット・グリンツィング)訪問
レオポルドベルクの丘(クロスターノイブルクやドナウ川を眺望)
ハイリゲンシュタットの遺書の家
ベートーヴェンの散歩道
◇自然史博物館
美術史美術館に対し自然が作り出したものを中心に展示
◇古楽器博物館(王宮内)
ハプスブルク家の残した楽器コレクションを時代毎に見学

★美術コース
◇自然史博物館
美術史美術館に対し自然が作り出したものを中心に展示
◇美術史博物館見学
ハプスブルク家の残した世界を代表する絵画コレクションを見学
◇レオポルド美術館
世界最大のエゴンシーレのコレクションの他、ココシュカ、クリムトなどの世紀末芸術の大家の作品を鑑賞

★音楽・芸術共通
◇オペラ鑑賞(ウィーン国立歌劇場にて)
ウィーンの森
美術史博物館
ウィーン国立歌劇場
4日目 移動
5日目
パリ市内研修
★音楽・芸術共通
◇ノートルダム寺院
◇サンシャペル(ステンドグラス)
◇ルーブル美術館
「モナリザ」「ミロのヴィーナス」「サモトラケのニケ」「民衆を率いる自由の女神」「ナポレオンの戴冠式」など世界最大の美術館を鑑賞

★音楽コース
◇モンマルトルの丘(作曲家ゆかりの地)
◇モンマルトル墓地
ベルリオーズ、ドリーブ、オッフェンバック、ドガ、デュマ、プレシスなどの墓を参拝
◇ガルニエ・オペラ座(内部)
「オペラ座の怪人」の舞台として知られるパリ・ガルニエオペラ座の内部を 「シャガールの天井画」と豪華なホワイエ・ロビーを中心に見学

★美術コース
◇ルーブル美術館見学
「リシリュー翼」「シュリー翼」など14~19世紀のフランス絵画、フランドルオランダ派、メソポタミア美術、ルネサンス期などの作品を鑑賞
◇ポンピドゥー文化センター(国立近代美術館)
ルーブル、オルセー美術館と並ぶ3大美術館の1つ「ポンピドゥセンター」内の近代美術館にて現代絵画を中心に鑑賞
ノートルダム寺院
ガルニエ・オペラ座
ルーブル美術館
6日目
ヴェルサイユ
パリ市内研修
★音楽・芸術共通
◇ヴェルサイユ宮殿見学
「王室礼拝堂」「鏡の間」「フランス式庭園」などルイ王朝の栄華を極めた宮殿を見学

★音楽コース
◇オルセー美術館見学
モネ、マネ、ミレー、ゴッホ、ドラクロア、ドガなど印象派の絵画を中心に見学
◇音楽博物館(ラヴィレット地区)又はペールラシェーズ墓地

★美術コース
◇オルセー美術館見学
ミレー、コロー、テオドール・ルソーなどのバルビゾン派からモネ、ゴッホ、ドガ、ルノアールなど印象派、 アールヌーヴォー家具などを鑑賞
ウェルサイユ宮殿
オルセー美術館
7・8日目 移動