1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. ルーテル学院高等学校
  3. 芸術コースのご案内
  4. 卒業生の声

芸術コース

卒業生の声

坂本 優佳さん
坂本 優佳さん

東京音楽大学音楽部音楽学科
器楽専攻(ホルン)1年

2019年に本校芸術コース/音楽専攻を卒業
現役で東京音楽大学に合格

同じ目標を持った仲間たちと切磋琢磨できる
私が芸術コースを選んだ理由は、同じ目標を持った仲間たちと切磋琢磨して音楽を学ぶことができるということと、人前で演奏させていただく機会が多いということです。 同じ学年の仲間はもちろん、後輩や先輩の演奏を聴く機会もあるので、良い刺激を受け、さらに高みを目指すことができます。
在学中の思い出
朝の礼拝でパイプオルガンを弾かせていただいたり、パイプオルガンの伴奏でホルンを演奏させていただいたことです。 キリスト教と音楽は強く結びついているので、学ぶものが多くあり、良い経験になりました。 ルーテル学院でしか学べなかったことがとても思い出に残っています。
役立ったことや身についたこと

自信につなげる実践教育

私は、高校入学前まで、1人で演奏するという経験が多くなかったため、緊張して思うように演奏できないことが何度もありました。 しかし、授業中の発表会、音楽会、卒業演奏会など、人前で演奏する機会が多くあったので、自分の自信にもつながりました。 また、友達の演奏を聴くことも、とても勉強になっていました。
黒木 正美さん
黒木 正美さん

公益財団法人熊本県立劇場
事業グループ

2000年に本校卒業
国立音楽大学音楽学部声楽科卒業

舞台を裏で支える仕事
卒業後、レセプショニストとして働く中で、制作スタッフの方々の仕事を間近で見る機会がありました。 それをきっかけに舞台制作の仕事に就きたいという気持ちが次第に強くなりました。 現在は、熊本県立劇場の自主文化事業の企画制作を担当しており、企画立案から連絡調整等、様々な業務を行っています。 このように、見えないところで準備を重ねているので、公演後にお客様が満足そうに会場を出る姿を見た時は達成感もひとしおです。
今後も、熊本県の文化・芸術の拠点として県民が集い、心の拠り所になるように取り組んでいきたいです。
高校時代

同級生と切磋琢磨して技術を高める環境

"歌を学びたい。何らかの形で舞台に関わる仕事に就きたい"という理由で芸術コースを選択しました。 高校入学まで音楽大学受験の勉強をしたことがありませんでした。 遅れたスタートとなりましたが、先生方に丁寧にご指導いただき、高校3年間で基礎をしっかり身につけることができました。 さらに年に数回、授業で発表の機会があり、コンクールや受験前の力試しが十分にできました。
大学時代

プロの演奏家に刺激を受ける

大学では発声の基礎をしっかりと学びました。 その中で、歌で表現するためには、身体と呼吸をしっかりとコントロールすることが大切であることに気付かされました。
大学の講義以外には、都内のコンサートホールで開催される世界の第一線で活躍する演奏家のコンサートにも足を運び、大きな影響を受けました。
また、合唱団の一員としてNHK交響楽団の第九演奏会や定期公演で演奏する機会もあり、舞台に立つ喜びを得るとともに、一流の指揮者や演奏家から多くの刺激を得ることができました。