1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. ルーテル学院高等学校
  3. 芸術コースのご案内
  4. Webギャラリー

芸術コース

美術専攻卒業生の活躍

横山 輝さん
横山 輝さん

東京藝術大学 美術学部
絵画科油画専攻1年在籍

2018年に本校芸術コース / 美術専攻を卒業

ルーテル学院を選んだ理由
東京藝大2021年度入学試験再現作品東京藝大2021年度
入学試験再現作品
私がルーテル学院を選んだ理由は、美術の専門設備が充実しており、本格的に絵を学びながら高校生活を送ることができる教育環境があることを知り、芸術コースを選択しました。
在学中の思い出
芸術コースの思い出はいくつかありますが、中でも放課後の活動として行われていたクロッキー会と一年に一度冬だけに行うギャラリー展示は強く覚えており、後の自分の活動でもとても役に立つ経験になりました。
「学んだ事」
高校や予備校、大学でも感じてる事ですが、絵や美術の道に進むことは、変わっている進路でも夢物語でもありません。立派な選択肢の一つです。
自分が好きな事や、やりたいと思っている事に自信を持って作品を作れば、必ず評価してくれる人はいます。
自分を信じて頑張ってください。
池田 有希野さん
池田 有希野さん

東京藝術大学大学院美術研究科
芸術学専攻美術解剖学研究室

2015年に本校芸術コース/美術専攻を卒業
2016
多摩美術大学絵画学科油画専攻入学
2020
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
2020
東京藝術大学大学院美術研究科
芸術学専攻美術解剖学研究室入学修士2年在籍

ルーテル学院を選んだ理由
個展風景個展風景
中学3年生の頃にオープンキャンパスに訪れた際、自分の絵を持参し先生に見て頂くことができました。その時の丁寧な指導や先生方の人柄、またキリスト教教育にもとづいた学校ならではの特徴的な学校生活に魅力を感じ、ルーテルの芸術コースを目指すことに決めました。
在学中の思い出
在学中に美術室が新しくなり、快適な環境で友人達と切磋琢磨しながら毎日制作に取り組みました。ヨーロッパ研修旅行や芸術コースでの展示会といった貴重な経験を通し、より広い視野を持つこともできました。
美術を志す中3 生に向けて
幼い頃から自然や生物への関心が強く、作品のテーマとしても多く扱ってきました。次第に、より科学的な視点を持って美術と向き合いたいと考えるようになり、現在は美術解剖学という学問を学んでいます。大学院に進学し、美術が科学や医療の世界でも重要な役割を担っていることを知りました。美術を続けてきたことで、一見関わりのない世界とも繋がることができ、さらにそこでの体験を美術作品に落とし込む、というサイクルが生まれました。美術は多様な世界と通じていることを実感しています。好きなこと、興味が湧くことがあれば、是非何でも追求してみてください。