1. ルーテル学院中学・高等学校
  2. ルーテル学院高等学校
  3. 芸術コースのご案内
  4. 音楽専攻について

芸術コース

  • 自己表現力を高め可能性を広げる

    本校では、専攻領域のみに偏らない、幅広い教養と見識とを兼ね備えた、人間的で魅力あふれる音楽家の育成を目指しています。 少人数制の授業により、きめ細やかな指導を実現。 3年間を通して、音楽を多くの角度から学習することによって、深く掘り下げることができ、幅広い技術や視野を身に付けることができるカリキュラムとなっています。 また、生徒の将来進むべき道筋を照らし、生徒と先生が一丸となって進んでいきます。

  • 整った環境で夢の実現に挑戦

    3年間、同じ目的を持った仲間とともに音楽の世界を深めていける環境が整っています。 授業の中で、新曲視唱・コンコーネ・コールユーブンゲン・聴音・楽曲・和声・音楽史などを行い、これらを通して、何かを訴える音楽づくりの基礎を学習します。 ピアノなどの実技については、高校入学後も、中学校時代にレッスンを受けていた先生に継続して学び続けることができます。 音楽大学への進学を考えている生徒の皆さんに特化した授業内容になっていますので、安心して入学してください。

  • 施設・設備・学校所有の楽器について

    ピアノ練習室5室

    ・アップライトピアノ3室
    ・グランドピアノ2室

    大学礼拝堂や中学高校礼拝堂、2つの音楽室(第1音楽室1台・第2音楽室2台)のグランドピアノも練習に使用できます。

    ピアノ専攻生徒にお勧めのピアノ
    ・ヤマハ CFⅢ
     (大学礼拝堂・
      500人収容のコンサートホール)
    ・ヤマハ C7(中学高校礼拝堂)
    ・ヤマハ S6(第2音楽室)

    その他の所有楽器

    ・パイプオルガン(礼拝堂)
    ・電子オルガン
     ヤマハステージア ELS-02C(礼拝堂)
    ・電子オルガン
     ヤマハステージア ELC-02
     (第1音楽室)
    ・マリンバ コオロギPF3000CC 5oct
     (第1視聴覚室)
    ・ヴィブラフォン サイトウ
      VS-4000PS(第1視聴覚室)
    ・ティンパニ ヤマハTP-83 6台
     (第1視聴覚室)

  • 在校生Voice

    楽しみながら専門教育を学ぶ
    坂本 優佳さん
    (清水中出身)音楽/管楽器 - ホルン)

    私が所属している芸術コース音楽専攻では、朝から夕方まで練習することのできる環境が整っているので、毎日充実した学校生活を送っています。 授業ではソルフェージュはもちろん、自分の実技を発表する時間も多くあるので、自分の自信につながります。 将来の夢を叶えたいのなら、高校3年間の芸術コース音楽専攻に託してみませんか。

  • ルーテル学院音楽会

    10月に県立劇場コンサートホールにて行われる音楽会。 校内開オーディションにより選出された生徒が高いレベルの演奏を披露してくれます。音楽系部活動の演奏も行われます。

  • 主科・副科発表会

    年に5回行われる主科・副科発表会は、生徒たちにとって練習の成果を発揮できる大切な場面であり、よい刺激となっています。人前で演奏する機会を多くもつことにより、演奏力の向上を目指します。

  • 芸術コース演奏会

    生徒たちの1年間の成果を発揮する場として、毎年3月に実施しています。 会場の設営から演奏会の運営までを生徒たち自ら行います。

  • 学校からの補助

    以下のコンクールにおいて、セレクションを通過して九州大会・全国大会に参加する場合、参加費・遠征費の全部または一部が支給されます。

    ◎高等学校文化連盟主催の各種コンクール
    ◎ピティナ・ピアノコンペティション
    ◎全日本学生音楽コンクール
    ◎その他、芸術科において認められたコンクール

  • ヨーロッパ研修旅行 (隔年希望制)

    例年、ウィーン(オーストリア)、ローマ(イタリア)等を6泊8日で研修します。 芸術コースだけの研修旅行で、参加は希望制です。 チケット入手が困難なウィーン国立歌劇場でのオペラ鑑賞を行ったり、教科書に載っている名画の数々をこんなに近くで見ることができます。 内容は音楽専攻、美術専攻それぞれに専門性を高めた芸術コース独自の研修行程です。 普通の海外旅行では経験できない貴重な内容になっています。

  • 奨学制度

    筆記による成績により与えられる奨学生(学力)と、芸術実技の力を認めて与えられる奨学生(芸術)があります。

    奨学生(芸術)の場合は前年までの個人実技の実績、または入試(専願・奨学)の実技においてきわめて優秀と認められる場合に与えられます。入学時に該当しない場合も入学後の実績次第では次の学年で奨学資格を得ることができます。 なお、奨学生(学力)と奨学生(芸術)の資格は同時に取得することはできません。奨学生の資格は単年度審査となっています。

  • 募集定員について

    約25名。(多少の増減はあります)